HOME > 資産運用の基本的な考え方

資産運用の基本的な考え方

目的に応じて 3つのサイフに分けましょう

期間 内容 考え方 主な商品
1 短期 ①緊急予備資金:生活費の半年分~1年分
②2年以内に使途が見えているお金
例えば教育資金 自動車購入資金
安全性
換金性
普通預金・定期預金
定期積金
MRF(証券口座の普通口座)
2 中期 2年~5年以内に使うお金
例えば2-3年後の大学の入学資金等
安全性
換金性
国債
公社債投信
3 長期 5年以上 使う予定がないお金 収益性 公社債投信
株式投信
変額保険
・運用も、現在あるまとまったお金の運用と 毎月積み立てながら運用で増やす。この2つが考えられます。
・このように目的を明確にして、目的に合った運用を心掛けることによって相対的に運用効率は高まり、高い収益率が期待できます。
・今までは、目的があいまいだったため、定期預金に入れて収益性も低かったのではないでしょうか?


このページのトップへ